地域貢献

育秀会は、65年以上にわたって練馬区において社会福祉活動を行ってきました。
これまでの経験を生かすべく、地域の新たなニーズに対して地域貢献への取り組みを行っています。

地域での活動

地域における公益活動の一環として、練馬地域の社会福祉法人13法人が集まり、子どもたちが集える場、知って・学んで・体験できる場とて、小学生やその家族を対象とした学習支援「ねりま☆わっくわく広場」を企画し、育秀会は開催場所として育秀苑の地域交流スペースを提供しています。

それぞれの法人が得意分野を持ち寄り、折り紙や毛糸でのリリアン、缶バッジ作り、車いす体験をはじめ、綿菓子やポップコーンを作る体験を行いました。
活動の一層の定着、拡充に向けて取り組んでいます。

地域との協働

地元の町会と防災協定(災害活動相互応援協定)を結び、定期的に防災訓練を行っています。また、育秀苑・第2育秀苑・第3育秀苑のそれぞれが「福祉避難所」として指定を受け、災害発生時に被災者を受け入れ「避難拠点(区立小中学校)」と連携して、大規模災害への備えを継続的に進めています。

地域福祉の担い手づくり

地域福祉の多様な担い手づくりの一環として、介護福祉士や社会福祉士、看護師などの実習生のけ入れ、近隣の中学生の職場体験の受け入れ、地域や学校で行う研修への講師派遣、在宅で家族の介護をする方へ向けた介護者教室や公開講座を開催してします。

福祉に携わる仲間を育むための学習機会を提供していきます。

施設の地域開放

地域の住民を対象として、施設の地域交流スペースをボランティアグループの活動場所として提供しています。

在宅介護支援センター(現:地域包括支援センター)の事業として行われた活動が、事業終了後も自主的なグループとして継続する活動もあり、地域での活動拠点となるよう支援しています。